地上のカメラからでは決して覗くことのできない!ドローンによる空からの音楽フェス10選


今回は10個のフェス会場でのライブPVを紹介させていただきます。ライブ会場は地方など都心から離れた自然豊かで広大な土地で開催されることが多く、大自然なライブ会場と音と光の融合が、ドローンによる空から映像では見ることができます!
ライブステージや観客席の強烈な臨場感から、まるでそのライブに一緒に参加していると錯覚してしまいそうな臨場感が楽しめます!

第10位 FUJI ROCK FESTIVAL 2018

2018年フジロックフェスティバルのステージラインアップの紹介PVです。フジロックは1997年夏に誕生した国内最大級の野外ロック・フェスティバル。こちらの動画は1分にも満たない短い動画ですが、各ステージ会場の紹介にドローンによる空撮動画が盛り込まれており、会場である新潟県苗場スキー場の自然豊かさを感じることができます。今年で記念すべき20回目となるフジロック。錚々たるアーティストの顔ぶれが、全てのステージを沸かせます。

第9位 SWEET LOVE SHOWER 2017

SWEET LOVE SHOWER(スウィート・ラヴ・シャワー)の動画。東京では1996年より日比谷野外音楽堂で毎年開催されていましたが、2007年以降は山中湖交流プラザきららで開催されています。こちらの動画はドローンによる映像は全体的に割合が少ないですが、軽快なサウンドとリズム感のある映像の切り替わりで、気づいたらアッという間に見終わってしまう動画です。主に「人」に注目し、フェスを楽しむ来場者の表情やライブステージ裏・ステージ上の熱量を動画から感じることができます。

第8位 THE CAMP BOOK 2017

共に学び、共に遊ぼうをコンセプトで、今年2018年は新潟県湯沢町神立高原スキー場で行われたキャンプフェス『CAMPBOOK』のPV動画。こちらも、参加する人目線での映像を中心に、オトナな音楽とアクティビティを老若男女問わず楽しむ様子が動画の中で描かれています。キャンプ場全体を見渡すようなドローンの映像から、人のアクティビティまで心地よく進んでいくドローン映像のカットが連続で流れます。キャンプでの非日常空間だけでなく、動画の中でライブステージのパフォーマー全体プラス参加者同士の一体感も感じることができる動画です。

第7位 NewAcousticCamp 2017

こちらは群馬県で行われている山と音の融合、2017年ニューアコースティックキャンプの映像です。全体で10分間もの長めの動画になっています。映像で映るのは参加する家族や仲間。それぞれの団体が、それぞれでテントを張り、アクティビティ・音楽を楽しんで・・・。ストーリーだてて作られている映像とメッセージから、改めてキャンプの良さと醍醐味を感じます。もちろん、大自然の中で撮影されるドローンによる空撮映像も見逃せません。

第6位 FUJI ROCK FESTIVAL’17

10位にあったフジロックフェスティバルの2017年に行われたイベントダイジェスト動画です。ロックフェスとしてのライブステージはもちろん、フジロックならではの森やキャンプ場を観客と共に散歩しながらアクティビティを楽しめる様子がひと際目を引きます。また、会場付近の自然豊かな大地がドローンの空撮映像とマッチしており、流れる川や水一滴の持つ光の反射がキレイに映像の中の一演出に仕上げられています。感動のラストのフィナーレまで是非ご覧ください。

第5位 ULTRA JAPAN 2017

東京お台場のULTRA PARKにて開催された、2017年のウルトラジャパンの動画です。こちらの動画は7分間のストーリー立てで構成されており、参加者の女性を中心にライブイベントが提供する非日常空間を表現しています。特にドローンの映像が活躍するのは動画の3分からの都心の美しい夜景の様子。日中のアッパーなテンションでフェスを楽しむ観客の臨場感あふれる映像から、一気に夜のクールなライブ映像へと切り替わっていく様子は圧巻です。

第4位 Sziget 2017

毎年8月にハンガリーで開催されるヨーロッパ最大の音楽フェスSzigetのPV動画。こちらのフェスはヨーロッパ中から観客が集まるとのことで、映像の中でも様々なペイントやコスチュームを身にまとった参加者、またそれらを楽しむ観客など、多くの文化が入り混じる野外フェスの様子が楽しめます。
撮影ではイベントが行われている各ライブステージはもちろん、ヨーロッパの都市風景をドローンを使用した映像が時折差し込まれており、思わずカメラをもって世界に飛び出したくなるような、異国情景の美しさを楽しむことが出来ます。10選の中でも随一異国感満載の動画です。

第3位 ACO CHiLL CAMP 2017

アソブ、オドロク、フジサン、キャンプ。をテーマとしたACO CHiLL CAMPでの動画。こちらの動画でも比較的多くのドローンによる映像が楽しめます。特に富士山をバックにした自然豊かな会場や、他のライブ映像とは異なり蛍光色よりも比較的暖かい色彩による映像でファミリー層が楽しんでいる様子を描いているところが特徴的です。また、ドローンの空撮映像だけでなく、手持ちカメラによる映像も連続的に挿入し会場の躍動感を表現しています。会場内で行われる様々なワークショップを楽しむ子供たちの表情を中心に、キャンプを楽しむ来場者の雰囲気も同時に味わうことができます。

第2位 Coachella 2016

こちらはアメリカ合衆国でのコーチェラ・ヴァレーで行われている野外音楽フェスティバルを撮影したPV動画。海外の動画ですがステージに立つミュージシャンとライブ会場を楽しむ観客の躍動感を映像と音楽で表現が際立って目や耳に残ります。何よりも目を引くのは広大な土地に建つ造形物が人物と一緒にドローンで撮影されており、ライブ会場や造形物の巨大さが伺えます。映像の中のカラーと光、そしてBGMとして流れる音楽の融合により、PV自体が1つのアートとして創作されているような印象を受けます。

第1位 Rising Sun Rock Festival in Ezo 2017

北海道で行われるライジングサンのフェス映像。ドローン最大手企業DJIが提供する映像だけあって、ドローンを使った空撮映像の美しさや空からの光景を一番多く楽しめる動画です。また、ドローンでフェスの様子を空撮することにより、改めてライジングサンという野外ロックフェスの規模の大きさに気づかされる動画です。こちらの映像で特におススメが、後半に映る花火の映像です。打ちあがる花火の間近までドローンを飛ばして撮影されており、地上では絶対に見ることができない、花火の迫力ある映像を楽しむことができます。

以上が野外フェス動画10選になります。あなたにお気に入りの動画は見つかりましたでしょうか?ドローンの可能性がより広がります。